男性

うつ病になる原因は一体何?【カウンセリングで改善の糸口を知る】

休む事は重要な治療です

カウンセリング

うつ病の原因や治療方法を知り、患者さん一人一人に適した治療を進める事が必要です。うつ病の治療方法は薬物療法だけではなく、専門医としっかり話せる精神療法もあります。休養の時間をたくさん作る事も治療を進める時に重要です。

もっと詳しく

少し考えると重要なこと

医者

うつ病になるのは、人として弱い、傷つきやすいということではなく、少し心に負担がかかってしまっただけなのです。原因をとりのぞき、適切な薬剤の使用を心掛け、しっかりと静養をすれば、きちんと社会復帰することができます。

もっと詳しく

治療や相場費用

聴診器

治療の進め方や費用

嫌な事があれば誰しもうつ状態に陥ります。しかし、長期に渡ってうつ状態が続くようであればうつ病を疑ったほうが良いかもしれません。精神的な病ですので病気やケガとは異なり、目に見えて原因が判るわけではないのです。解明されていない部分も多いのですが、一般的には神経伝達物質の異常が原因です。そもそもなぜそのような状況に陥ってしまうのかというと、ストレスが最大の要因ともいわれています。人によって同じ出来事を体験してもストレスに感じる人と感じない人がいます。このように人により感じ方が異なりますので、うつ病の発症の仕方や治療に関しても個人差が生じます。まずうつ病の治療方法として最初に用いられるのがカウンセリングです。カウンセリングを行わなければ症状や状態を把握することができません。カウンセリングによってうつ病の中でもどのうつにカテゴライズされるかが判明します。症状に合った薬を処方することで一時的な症状から脱却することができます。抗うつ剤は服用し続けることによって効果が現れますので、症状が治ったと自己判断して服用を中止するのは危険です。うつ病は再発する恐れのある病気ですから、必ず医師の診断に基づき治療を進めていきましょう。精神科・心療内科での治療は健康保険内のものがほとんどですから、診察費用が驚くほど高額になることはほとんどありません。初診料として2千円から5千円程度かかります。カウンセリング費用はクリニックによってばらつきがありますが、五千円以内で収まるところがほとんどです。長時間のカウンセリングの場合は時間に伴って費用も高くなりますのであらかじめ確認しておきましょう。抗うつ剤はジェネリック医薬品もありますし、大体1か月の相場としては5千円前後かかります。生活に支障をきたすほどの重症化したうつ病の場合は自立支援医療制度を利用することができるので、金銭的な負担を減らすことが可能です。うつ病は原因が判明していても自己解決できないケースが多いので、必ず通院して自分に合った治療を行うことが改善への近道です。精神的な病気なので不安を感じてしまう事も多いでしょう。身体と心に疲労が蓄積している状態ですので、抗うつ剤の服用も大切ですが心身ともに休養することも治療には欠かせません。人間関係や環境など、うつになった原因がはっきりしている場合はそこから逃げるという選択肢も時には必要になります。うつ病は適切な治療を行うことによって必ず症状を緩和させることができます。

うつの治療の進め方

男性

うつ病は精神的な病の一種ですが、治療をせずに放置していると症状が悪化して完治させるのにも長い時間を要します。うつ病が発生する原因は人によって異なりますので個々に合った治療を行うことが大切です。治療には抗うつ剤の服用が必須です。

もっと詳しく

逃避傾向の強さ

看護師

新型うつ病が若い世代に多いのは、メンタルが弱さではなく、現代の逃避できる環境が多いことが原因となっていることも関係しています。治療はその原因を取り除きつつ、薬物治療を行いますが主治医とともに減量のタイミングなどを見極めていくことが大事です。

もっと詳しく