医療

うつ病の原因をチェック【自立支援医療制度を利用する】

うつの治療の進め方

男性

クリニックでの治療法とは

うつ病は原因が解消されれば自然に緩和されることもありますが、多くはクリニックでの治療が必要になります。自分でうつ病かもしれないと感じ始めたら一度精神科や心療内科を受診してみましょう。一時的にうつになることは誰にでもあります。しかし、うつ状態から長期に渡って継続する場合や、自分で感情のコントロールができなくなり自分自身の行動の予測がつかなくなったら危険です。できるだけ早い段階で受診してください。治療につきましてはカウンセリングと薬物療法で進めていくのが一般的です。うつ病の治療には抗うつ剤が使用されます。抗うつ剤にはどのような効果があるのかと言いますと、神経伝達を正常に整える効果が期待できます。セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリンなどの異常によってうつ病が発症します。したがって、抗うつ剤を用いることによってこれらの異常を正常値に戻すことができるというわけです。人によっては抗うつ剤を使用することによって副作用が生じるケースがあります。睡魔や頭痛などを感じることがありますので、副作用が強い場合は薬の種類を変更してもらいましょう。抗うつ剤は服用し続けることが大切です。必ず医師の診断の元、適量を摂取してください。うつの原因や症状をまずは受け止めて治療と向き合うことが大切です。うつ病の治療を行う時に大切なのがクリニック選びです。精神的な病の場合は精神科か心療内科での治療になりますが、クリニックによっては重視している治療が異なります。カウンセリングに十分な時間を取るために完全予約制のクリニックもありますし、多くの患者を受け入れるために飛び込みでも受診可能なクリニックがあります。誰かに話しを聞いてほしい、寄り添って治療を進めてほしいと考えているのならば、カウンセリングを重視するクリニックの方が合っているかもしれません。うつ病になる原因は人によって異なりますが、人に相談するだけでも症状が軽くなりますし、うつ病の原因を取り除くことができる場合もあります。周りに相談できる人がいない場合は、信頼できる医師やカウンセラーに相談することも、うつ病を緩和させるためには必要なことかもしれません。クリニックごとに治療スタイルが異なります。カウンセリングの時間を短くしてたくさんの人を受け入れるところもありますし、カウンセリングを長くして一日に受け入れる人数に制限を掛けているところもあります。うつ病の治療は長期に渡って行うものですから自分に合ったクリニック探しが大切です。受診してみて合わないと感じたら無理に通院する必要はありません。信頼できるクリニックを探しましょう。