医療

うつ病の原因をチェック【自立支援医療制度を利用する】

休む事は重要な治療です

カウンセリング

主に三つの治療があります

医師は、患者さんの状態を見ながら、一人一人に合った治療を進めていきます。うつ病は、原因がまだはっきりと解明されていませんが、気が弱い方だけではなく、仕事熱心な方など、責任感が強い方も注意が必要です。うつ病になりやすい性格や悩み方をする方もいるため、専門医といろんな話をしながら、自分の性格を知る事も大切です。うつ病の治療方法は主に三つあり、医師との対話の時間をしっかり作る精神療法に注目です。自分の性格を知る良いきっかけとなりますし、悩み続ける悪い癖がある方は、自分の気持ちをコントロールできるようにトレーニングをする事が求められます。相談相手が見つかり、一度元気になった方でも再発する可能性があるため、精神療法を行う事は特に重要です。二つ目は、薬物療法を行い、症状を改善させるだけでなく、再発を予防するために患者さんに合った薬を使います。睡眠障害の症状がある方も多く、睡眠薬を使って睡眠の質を高めていく事もうつ病の治療には必要ですし、不安を静める働きがある抗不安薬もあります。うつ病の治療で抗うつ薬を使う方法もあり、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの働きを高めるなどの効果が期待できます。抗うつ薬は患者さんの症状や状態によって使い分けていく薬ですし、効果が現れるまでに時間がかかる事もあります。三つ目の治療方法は、休養であり、ストレスなどのうつの原因を取り除くために、時間をたくさん使う事も大事です。生真面目な性格の方も多く、仕事を頑張りすぎる方もいれば、悩みがあっても責任感が強いと一人で対処しようとする方もいます。ストレスが溜まっていく事が原因で、うつ病になるリスクがあるため、自分の性格を改めて知る時間を作る事も大事です。ノートに自分の性格など、感じたことを書くことで、ノートを見ながら冷静に自分の分析ができるようになる方もいます。うつ病の方が病院で精神療法の治療を受ける時に、自分自身の事を専門医に伝える事も大事なので、病院に行く前に自分の性格を知っていると相談しやすくなります。また、うつ病に関する基礎知識を身につけていることで、休養する時間をたくさん作る事を意識して生活を送れます。休むことに罪の意識を感じてしまう方もいるため、なにもしないことに専念できる時間作りが大切です。うつ病の原因を知る事で、休む時は仕事の事を考えないようにするなど、ルールを作って休めるようになり、しっかりとエネルギーを充電できます。会社に相談をする事で、仕事をしばらく休む事ができる方もいますし、家事の負担に悩む方は家族に相談する事で、負担を減らせるようになります。専門医にアドバイスをもらう事で、正しい休み方を教えてもらう事ができますし、入院する方法もあります。